輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

29

紀泉さん

Kisen

日本文化である書道を世界中で広めたい!

アメリカで書道を始めたきっかけは?

アメリカ文化に興味があったため、高校卒業後、生まれ育った富士市を離れ渡米しました。アメリカに移住してからは書道から離れた生活を送っていましたが、結婚後、第 1子の誕生をきっかけに「日本の伝統を我が子に伝えたい」と考え、思い浮かんだのが小学1年から高校1年まで習っていた書道でした。そこで、当時通っていた富士市の書道教室から課題を送ってもらい、書いて送り返すという形で学び直し、今ではペン習字では師範、漢字では準師範となって、我が子に書道を教えるようになりました。

現在はどんな活動を行っていますか?

我が子に書道を教えるという夢がかなったことで、次はアメリカで書道を広めたいと考えるようになりました。日本人学校で習字講師を務める傍ら、昨年から本格的に書道を広める活動を始めました。例えば、昨年4月には、日本人学校の教え子とメジャーリーグベースボールのマイアミ・マーリンズを応援する横断幕を制作しました。ほかにも、ニューヨークで書道パフォーマンスや、書道体験イベントを開催しています。

今後の目標は?

デジタル化が進む現代だからこそ、単に書くだけではなく、人々の生活に寄り添った書の活動を行っていきたいと思います。そしていずれはアメリカだけでなく、世界各地で書道を広める活動を行いたいです。

Profile

富士市出身で、高校卒業後に渡米。現在はアメリカのフロリダ州に在住。結婚、出産をきっかけに改めて書道を学び直し、現在は書道家として幅広く活躍中。