輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

27

中ムラ ミホさん

Nakamura Miho

陶芸を通してたくさんの人と出会いたい!

陶芸を始めたきっかけは?

幼いときから美術が好きで、大学卒業後はアニメーション制作会社でパソコンを使った作業を行っていましたが、次第に手を使うものづくりをしたいと考えるようになりました。
そんなとき陶芸教室に参加し、「これだ」と思い、陶芸家を志すことに決めました。今振り返ると、子どものころに訪れた博物館などの体験コーナーでは、必ず陶芸体験を選んでいたので、当時から陶芸が好きだったのかもしれませんね。

現在どんな活動をしていますか?

夫の転勤で富士市に来ました。温暖な気候で心の温かい人が多いこのまちが大好きになり、永住を決意。
2年前に陶房「LA CACHETTE(ラ カシェット)」を開きました。フランス語で「隠れ家」という意味で、陶芸を通してほっとでき、元気になれるような空間にしたいと思い名づけました。現在はここで作品を制作・販売するほか、陶芸教室を行っています。教室のメニューには、子どもと一緒に楽しめるコースもあります。自分自身が子育て中なので、同じように子育て中のお母さん・お父さんにも気軽に来てほしいですね。
このほか、市内のお店と共同でワークショップを開催したり、イベントに出展したりしています。

今後の目標は?

市民の皆さんが、気軽に陶芸にふれられるよう、また、自分の手で作品をつくる喜びを知ってもらえる機会となるよう、活動の幅を広げたいです。芸術に関するイベントにも興味があるので、いずれ主催できたらいいなと思っています。

Profile

夫の転勤を機に、富士市へ移住。温暖な気候で心の温かい人が多いこのまちが大好きになり、永住を決意。自宅で陶房を開き、陶芸を通してたくさんの人とふれあいたいと思い、さまざまな活動を行っている。